プログラム概要


「Japan-Expert(学士)学位プログラム」は、日本の文化・社会を理解し、日本マインドを持った留学生の育成を目的とし、日本国内または母国等における日本関連企業での就職を希望する留学生のための、日本語によるプログラムです。

本プログラムは、本学が文部科学省スーパーグローバル大学創成支援事業に採択されたことを契機として計画されたもので、4つのコース(アグロノミスト養成コース、ヘルスケアコース、日本芸術コース、日本語教師養成コース)を開設しています。
日本に興味・関心を有する留学生を対象に、高度な日本語能力を習得の上、日本の文化・社会を理解し、農業、ヘルスケア、日本芸術、日本語教育のいずれかの専門性を身に付け、各専門分野における問題の発見・解決を日本語により可能とする専門知識と思考力を有する人材育成を目的としています。

本プログラムでは、日本語能力の要件を緩和することにより、これまで日本語能力不足で受験できなかった学生にも受験の機会を広げ、入学後は半年間の日本語教育を集中的に行います。将来的に母国と日本との橋渡し的な役割を果たし得る学生の入学を期待しています。

Japan-Expertプログラムの特徴

① 専門性を身につけるための4つのコース

Japan-Expertには、留学生に専門性を身につけてもらうための4つのコースがあります。また、留学生向けの学士プログラムはN1レベルを出願要件とする場合が多いですが、Japan-ExpertプログラムはN2、N3レベルでの出願も可能です。

コース(開設学群・学類) 取得学位 日本語能力試験
出願レベル
アグロノミスト養成コース(生命環境学群 生物資源学類) 学士
(農学)
N3以上
ヘルスケアコース(医学群 看護学類) 学士
(ヘルスケア)
N3以上
日本芸術コース(芸術専門学群) 学士
(芸術学)
N3以上
日本語教師養成コース(人文・文化学群 日本語・日本文化学類) 学士
(日本語教育)
N2以上

入学後半年間の集中した日本語教育を履修したのち、各コースの専門科目を履修します。また、インターンシップを必修化し、現場における実践力及び高い専門性を身につけるためのカリキュラムを用意しています。

② 集中日本語教育

Japan-Expertプログラムの学生専用に、日本語の授業を開設します。学生は、入学後半年間は集中的に日本語を学び、専門科目等を受講できる日本語能力の向上を目指します。
日本語教育では、文法・漢字・聞く・話す・読む・書くといった日本語の総合的な運用能力を高めるために、日本語教育専門の教員が担当します。
また、「専門日本語」として、各コースの教員が担当する日本語教育も開設しますので、集中日本語教育期間終了後には、各コースの専門科目の受講がスムーズにいくようになります。

③ 現場力・実践力を育成するインターンシップ

インターンシップを必修として課すことで、現場力・実践力を身に付けることができます。
インターンシップは、日本国内における就職も視野にいれつつ、外部機関とも連携を図りながら、各コースの専門に即した現場体験を行います。