日本語教師養成コース


取得学位

学士(日本語教育)

『母国の教育機関で日本語を教える教師の育成』

母国の教育機関で日本語を教え、かつ母国の日本語教育の振興に貢献する日本語教師の育成を目的とします。入学後初めの半年は日本語の集中授業と日本事情科目等を履修し、その後は日本語・日本文化学類の授業を日本人学生と共に履修します。3・4年目には、学内での日本語教育実習や母国の教育機関・日系企業・日本国内の企業等の日本語教育に係るインターンシップに参加し、現場での実践力を養います。

育成方針

日本文化を理解し、日本語教育に必要な専門力を備え、国外や日系企業での就労を希望する者に母国で日本語を教える日本語教師の養成を目的とします。

進路先

日本語教師養成の指導者、教師、企業、海外における日本語教育機関、大学院進学等

カリキュラム(履修モデル)をダウンロード