教育体制


  • Japan Expertプログラムの各コースは、関係学群・学類の中に設置されるコースです。
    このため、プログラム全体の運営は各コース代表者等で運営されますが、コース運営は、当該学群・学類の教員によって運営されます。
  • 本プログラムには、プログラムコーディネーター及び日本語教育コーディネーターを配置し、プログラム履修生の学習等について支援します。
    また、プログラム履修生は、所属するコース学群・学類において各種教育支援、学生支援を受けることになります。
  • 入学後半年間は、集中日本語教育を受講するので、プログラム履修生として授業を受講しますが、集中日本語教育終了後は、所属コースの学群・学類において専門基礎科目・専門科目を履修することになります。
  • 日本語能力に不安がある、もう少し日本語能力を高めたいという場合は、グローバルコミュニケーション教育センターの日本語科目を履修するなどして、卒業までの間、日本語を学習できる環境があります。