Japan-Expert(学士)プログラム学生募集要項

1 Japan-Expert(学士)プログラムについて

筑波大学では、日本の文化・社会を理解し、日本マインドを持った留学生の育成を目的とし、日本国内または母国等における日本関連企業での就職を希望する留学生のために「Japan-Expert(学士)プログラム」を開設しました。
本プログラムは、本学が文部科学省スーパーグローバル大学創成支援事業に採択されたことを契機として計画されたもので、4つのコース(アグロノミスト養成コース、ヘルスケアコース、日本芸術コース、日本語教師養成コース)を開設します。各々のコースでは、日本に興味・関心を有する留学生を対象に、高度な日本語能力を習得の上、日本の文化・社会を理解し、農業、ヘルスケア、日本芸術、日本語教育のいずれかの専門性を身に付け、各専門分野における問題の発見・解決を日本語により可能とする専門知識と思考力を有する人材育成を目的としています。
本プログラムでは、日本語能力の要件を緩和することにより、これまで日本語能力不足で受験できなかった学生にも受験の機会を広げ、入学後は半年間の日本語教育を集中的に行います。
将来的に母国と日本との橋渡し的な役割を果たし得る人材の志願を期待します。

2 入試実施日程(日本時間)

(1) 出願受付(Web入力システム): 2018年3月1日(木)12時~4月3日(火)17時
(2) 出願書類(アップロードし、
書類を郵送するもの)送付期限:
2018年4月10日(火)【必着】
(3) 試験実施日: 2018年5月14日(月)~5月18日(金)のうち各コースが指定する日(詳細は「8 選抜方法」を参照)
(4) 合格発表日: 2018年6月6日(水)
(5) 入学手続期限: 2018年7月6日(金)【必着】
(6) 入学式: 2018年9月28日(金)(予定)
(7) 入学日: 2018年10月1日(月)

※ 障害を有する入学志願者等の事前相談について
本学に入学を志願する者で、受験上及び修学上特別な配慮を必要とする者は、2018年2月14日(水)までに必ず本学(「13 問合せ先」)に相談してください。出願受付期間以降の相談は、特別な配慮の対応ができない場合があります。

3 アドミッション・ポリシー及び募集人員

学群・学類(コース) アドミッション・ポリシー 募集人員
生命環境学群 
生物資源学類
(アグロノミスト養成)
人類の生存と安全で豊かな生活の基盤である生物資源に興味を持ち、日本の農林業研究・技術に関心がある人材及び日本の農林業研究・技術を活用し、将来、国内外の農林業に関する研究機関や企業等でアグロノミストとして貢献する人材を求める 若干名
医学群 
看護学類
(ヘルスケア)
日本のヘルスケアシステムやヘルスケア技術に興味を有し将来、ヘルスケアの学問的基盤に立った政策、管理担当者および、ヘルスケア技術者や教育・研究従事者として活躍を希望する人材を求めています 若干名
芸術専門学群
(日本芸術)
高等学校(中等教育)における学習の成果や日本語能力に加え、提出された書類や作品等も含め、芸術に関する意欲、資質について総合的に評価します 若干名
人文・文化学群 
日本語・日本文化学類
(日本語教師養成)
日本語、日本文化に幅広い興味を有し、将来、国内外において日本での就学・就労や日系企業での就労を希望する者に日本語を教える日本語教師となることを希望する人材を求める 若干名